数理計画コアテクノロジー

数値シミュレーション

例えば、大気汚染の数値シミュレーションは、使用の目的によって区別されます。
当社では、使用目的に応じた様々なモデルの実績を有しています。

シミュレーション例

環境影響評価での、工場煙突からの排煙の拡散ではプリューム・パフ式が使用され、特殊な気象条件や建物の影響を考慮する場合には逆転層形成時、フュミゲーション発生時、建物ダウンウォッシュ発生時などに複雑系を想定したプルーム・パフ式のモデルが使用されます。

光化学オキシダント、粒子状物質
光化学オキシダントのように反応によって生成される大気汚染物質や発生源からの排出と大気中での反応によって生成される粒子状物質を取り扱う場合には、広域の計算範囲が必要になり、WRF(Weather Research Forecasting)というメソスケールモデルとCMAQ(Community Multiscale Air Quality modeling system)という反応モジュールを内部に持つ大気拡散予測が使用されます。
局所の大気拡散
道路沿道における局所の大気拡散を問題にする場合では、局地汚染予測モデルが使用されます。

数値シミュレーション例

※数値シミュレーション例