事業内容

書店管理システム

出版の将来を見据えて、多くの書店の要望に応えられるよう、実際の店舗で実証実験を続けています。全商品にRFID(微弱無線による個別認識技術: Radio Frequency Identification)を貼付し、検品、POSレジ、在庫棚卸、万引き防止のためのガードや「スマートシェルフ」と呼ばれるRFIDが付いた商品を手に取った記録を残すシステムなどが対象となっています。
こうした実験を通じて得られたメリットを生かした書店管理システムは、大手書店の洋書管理に採用されています。

※書籍にRFIDを付けて管理します

※おはなしくまさん(BOOK HOUSE
クマのぬいぐるみの前に本を置くと朗読する仕組を提供しています。