事業内容

地球環境

温室効果ガス排出量算定/温暖化防止対策

地球温暖化の原因となり、その削減が求められている温室効果ガス(GHG)の排出量の推定手法の精緻化に関して、日本国が国連機関に提出するGHG排出量報告の正確化に貢献をしています。
特にエネルギー分野等については、多くの提案を行っており、その経験により、国連機関において各国から提出される排出量報告の審査を行う専門家を有しています。関係国のGHG排出量の正確な算定方法を探求することにより、排出量削減のロジックを明確にすることが可能となり、より効率的な地球温暖化の防止に貢献することができると考えています。
また「Webを用いた地球温暖化対策支援システム」では、各行政機関や民間企業等の組織が、各々の関連組織内部からの報告受領や収集管理を容易にし、集約作業の労力軽減にも寄与しています。

実績

温室効果ガス排出量算定
  • 【国・自治体】短中長期目標達成に向けた地球温暖化対策の進捗状況評価業務
  • 【国・自治体】温室効果ガス排出量算定方法に関する調査業務(各種炉分野、運輸分野、廃棄物分野、HFC等3ガス分野)
温暖化防止対策
  • 【国・自治体】気候変動枠組条約締約国会議における審査プロセスへの専門家派遣業務
  • 【国・自治体】地球温暖化対策実行計画実態解析業務に伴うデータ収集様式作成委託
  • 【国・自治体】地球温暖化対策事業支援業務委託
  • 【国・自治体】ライフスタイル・ビジネススタイルの深夜化による地球温暖化への影響調査業務