事業内容

自動車交通

車載型機器による実走行時の排出ガス計測

東京や大阪等の大都市地域の大気汚染をみると、その原因のかなりの部分が自動車排出ガスにあると言われています。自動車の排気管から排出される窒素酸化物(NOx)削減のために、いろいろな施策が検討されていますが、数理計画では、車載型排ガス計を利用した「NOx排出量削減効果の検証システム」を開発しています。ここでは、実際の道路における自動車走行を反映した効果的な排ガス影響の解明に貢献しています。

車載型排出ガス計測装置で計測した20m区間毎の速度とNO、NO2排出量の関係

実績

  • 【国・自治体】自動車排出ガス原単位及び総量算定検討調査
  • 【国・自治体】使用過程車対策実証実験業務

自動車交通公害対策(NOxPM法関連)

自動車NOxPM法が指定する関係自治体は、自動車から排出されるNOxとPMの総量削減計画を定めることになっていますが、計画案作りにおいて参考となる資料を実態調査や解析、予測シミュレーションを実施して作成しています。また、この法律に基づき国が定める総量削減基本方針によって、総量削減計画の進捗状況を管理する手法についても支援を行っています。

車載型機器による実走行時の排出ガス計測RSD(Remote Sensing Device)

実績

【国・自治体】総量削減対策進行管理調査

交通流シミュレーションによる渋滞緩和対策

自動車の交通流シミュレーションは、あるネットワーク上の道路を走行する自動車一台一台の流れ方を再現するものです。専用ソフトをもとに交通量、信号制御データ、交差点形状、車両データを入力し、一台一台の運行データを出力したり、入力条件を変更することにより、交通量の変化、速度の変化を評価することが可能です。

交通流シミュレーション

実績

  • 【国・自治体】窒素酸化物削減対策シミュレーション委託
  • 【国・自治体】次期M県総量削減計画策定委託業務

局地汚染対策シミュレーション

大都市の道路沿道地域ではNO2(二酸化窒素)の環境基準を達成できていません。このような状況の多くは、交通量の集中、大気汚染物質が滞留しやすい道路構造等によって引き起こされているものと考えられています。局地汚染対策シミュレーションは、CFD(Computational Fluid Dynamics:数値流体力学)モデルを用いて、道路や道路周辺の建物の構造と時々刻々変化する自動車排出量を入力し、風の流れと大気汚染物質の移流・拡散現象を予測する手法です。道路沿道対策を講じた場合の対策効果の評価に有用なモデルとして位置づけられています。

道路断面 計算結果

道路断面 計算結果

実績

  • 【国・自治体】局地汚染地域におけるシミュレーションモデルを用いた各種自動車排出
  • 【国・自治体】ガス抑制対策の環境改善効果評価手法確立に関する研究
  • 【国・自治体】局地汚染対策検討委託業務

自動車交通公害防止計画の策定

自動車公害防止計画は、自治体が定める自動車の使用に伴う環境への負荷の低減を図るための施策を推進するための長期計画です。都道府県または政令市が定める条例を根拠として作成されていますが、内容的には、環境の現況(大気、騒音、地球温暖化)と自動車交通、目標と対策、計画の推進という構成で作成されています。

実績

  • 【国・自治体】窒素酸化物排出量算定システム開発事業
  • 【国・自治体】自動車公害防止計画策定調査業務委託

エコドライブ

自動車からの排出ガス量は、排出ガス規制の適用条件によって異なるほかに、速度、加速度、エンジン回転数などの走行条件、及び気温、湿度などの気象条件によっても相違します。これらのうちの走行条件(運転方法)に着目し、どの様な走り方が汚染物質排出ガス量の少ない走り方であるかを知るため、様々な試験車を用いて様々な走り方(走行モード)でのシャシダイナモ(C/D)試験を行い、運転方法と大気汚染物質排出量の関係について定量的に解析してきました。また、この結果を参考とした運転方法で、車載型排ガス計を搭載して実路での走行調査を行い、実際の路上における排出量の削減効果を確認する業務も行っています。

実績

【国・自治体】エコドライブによる大気汚染物質の排出低減効果の定量的把握に関する調査