事業内容

環境テクノロジー

数理計画は1967年の創立以来、環境の現況解析および将来予測や物理化学現象を解明する予測モデルなどの開発に取り組み、官公庁・大学・民間企業のコンサルタントとして先駆的な役割を果たしてきました。これらの実績を活かし環境の調査・解析から予測・評価までの総合的なコンサルティングを行っています。持続可能な社会の実現に向けて期待される施策や現実的な対策をご提案します。

私たちの健康で文化的な生活は、エネルギーや資源など地球環境の大きな恵みを受けて維持されています。その一方で、日常生活や社会活動から発生する排気、排水、廃棄物は、何らかの形で地球環境に影響を及ぼしています。
時には無作為な開発によって引き起こされた環境破壊が、局地的あるいは広域的なスケールで顕在化するケースが見受けられます。

数理計画は、これらの環境問題に取り組み、社会経済活動と環境影響のトータルバランスを定量的に評価し、持続可能な社会を維持できるように、総合的なコンサルティング会社として努力を続けています。
最近では、地球環境問題が私たちの大きな取組課題の一つです。グローバルなスケールで生じる地球の温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨被害、熱帯雨林の消失、生物種の減少、越境汚染などの環境問題があります。
また、従来の大気・水質環境の問題に加えて廃棄物量の増大、化学物質による健康影響などの都市生活問題も大きな障害となっています。

環境保全・省エネルギー・省資源に配慮し、環境と調和の取れた人間活動を考える技術、これが当社の環境技術です。
数理計画は、これらの現象を科学の目で見極め、地球環境との共生を目指して社会・経済の仕組みを考慮した適切かつ現実的な解決策に取り組んでいます。

健全で恵み豊かな環境を維持しつつ、環境への負荷の少ない経済の発展を図りながら持続可能な社会の構築を目指していきます。

事例一覧